JRFU ASIAN SCRUM PROJECT

JRFU ASIAN SCRUM PROJECT イメージ画像

ウズベキスタン

公益財団法人日本ラグビーフットボール協会(会長・森重隆)が、独立行政法人国際協力機構(JICA、北岡伸一理事長)の実施する「世界の笑顔のためにプログラム※」で届けたラグビーボールへのお礼状がウズベキスタンから届きました。 ウズベキスタンでは2017年7月~2019
『世界の笑顔のためにプログラムお礼状が届きました(ウズベキスタン)』の画像

JICA青年海外協力隊のラグビー隊員として2017年7月からウズベキスタンでラグビーの普及に取り組む山本忠昭さんにこれまでの活動について伺いました。  ・活動についてウズベキスタンの首都タシケントで主に活動をしており、地方都市に出向くこともあります。ウズベキス

■久留米 陽平(キルギス、28年度1次隊、国立スポーツアカデミー)毎週3回、16歳~22歳の学生に指導。国立スポーツアカデミーの体育館で工夫を凝らした練習に取り組み、近隣諸国(ウズベキスタン・カザフスタン)との対外試合も実施した。 「とりあえず、やってみ

↑このページのトップヘ