JRFU ASIAN SCRUM PROJECT

JRFU ASIAN SCRUM PROJECT イメージ画像

過去の記事〜2018.03

「アジアン・スクラム・プロジェクト」の一環で実施した「World Rugby & Asia Rugby Performance Development Workshop(PDW)」がスポーツ・フォー・トゥモロー(SFT)※における功績を認められスポーツ庁長官感謝状を受章しました。 PDWはワールドラグビーとアジ

公益財団法人日本ラグビーフットボール協会は、独立行政法人国際協力機構(JICA、北岡伸一理事長)のご協力をいただき、弊協会の取り組むアジアラグビーへの貢献活動「アジアスクラムプロジェクト」の一環として、JICAボランティア事業を通じ、ラグビー指導者を以下の通り

ASEAN10 カ国及び東ティモールより、青少年と引率者、ラグビー協会関係者等総勢260 名が来日し、同世代の日本人を含めた各国参加者との混成チームでタグラグビーに取り組みました。 期間:2017年3月15日~21日場所:静岡県御殿場市、袋井市参加者:ASEAN10カ国と東

アジア諸国のコーチ、レフリーの資質向上によるアジアラグビーの競技力向上を目指したワークショップを開催しました。 期間:2017年2月26日~3月4日場所:流通経済大学参加者:Asia Rugby加盟国のコーチ、レフリー 40名 詳細はSport for TomorrowのHPをご覧くだ

事業名称 ブルネイ協会 用具寄付・贈呈式参加、普及活動指導 概要・リユースラグビーボール 50個を寄付(在ブルネイ日本大使館より贈呈)・日本代表 岩渕GMによるラグビークリニック実施・日程 1月31日担当・派遣 日本代表GM 岩渕健輔氏

↑このページのトップヘ