第二回 チャイルドファンド パス・イット・バック・カップ Delivered by DHLを開催しました。

公益財団法人日本ラグビーフットボール協会(会長・森重隆、東京都港区)は、大分県、別府市協力のもと、「IMPACT Beyond 2019」及び「アジアンスクラムプロジェクト」の一環として、7月29日(月)~8月1日(木)の期間、「チャイルドファンド パス・イット・バック カップ Delivered by DHL」を、大分県別府市にて実施しました。

本プログラムには、チャイルドファンド パス・イット・バックが展開されている国のひとつであるラオスの中学生、オーストラリア・アボリジニの中学生が招待され、日本の中学生も参加します。4日間でワールドラグビーが掲げる、ラグビーが有するコアバリュー(品位、情熱、結束、規律、尊重)を通じて、参加者がSDGs(持続可能な開発目標)を考え、その達成を導くラグビーワールドカップ2019日本大会のレガシープログラムのひとつとして実施されるものです。2019年3月27日~3月30日に府中市でベトナムの中学生を招待して行った大会に引き続き、2回目の開催となります。

●日程 : 2019年7月29日(月)〜8月1日(木)
●場所 : 大分県別府市 別府市総合体育館「べっぷアリーナ」、実相寺多目的グラウンド、少年自然の家おじか
●主催 : チャイルドファンド、アジアラグビー
●主管 : 公益財団法人日本ラグビーフットボール協会
●特別協賛 : DHL
●協力 : 大分県、別府市、学校法人日通学園、流通経済大学、別府市ラグビーフットボール協会

詳細はこちら
https://www.logistics.dhl/jp-ja/home/press/press-archive/2019/08012019.html