インド代表チームへの指導者派遣について

(公財)日本ラグビーフットボール協会では、アジアンスクラムプロジェクトの一環としてインドラグビー協会の要請に基づき下記のとおり指導者を派遣します。

1.派遣国:インド(ハリヤーナ州)
2.派遣期間:平成30年4月30日~平成30年5月24日
3.派遣者:神宮寺 徹(山梨学院大学ラグビー部ヘッドコーチ)
4.目的:アジア大会に向けた代表チームの強化のため
5.内容インド代表チームへの指導および大会帯同
①ラグビーインド代表チームへの指導
②タイで開催されるAsian Rugby Championship Div-2へのラグビーインド代表チーム帯同

【派遣者のコメント】インドラグビーに貢献できるようベストを尽くします。また、インドラグビーと日本ラグビーの架け橋になれるよう毎日を大切にチャレンジしたいと思います。

【参考】
・インドにおけるラグビー競技人口 55,290人(日本:122,872人)
https://www.worldrugby.org/development/player-numbers

・インドの世界ランキング 79位(日本:11位)
https://www.worldrugby.org/rankings/mru