ラグビークリニック&コーチングクリニック in タイを開催しました

日本ラグビーフットボール協会は、「Impact Beyond 2019」 及び「アジアンスクラムプロジェクト」 の一環として、2 月2 日(金)、3 日(土)の2 日間にわたりタイ王国ムックダーハーン県にてタイ及びラオスの選手ならびにコーチを対象にスポーツを通じた国際貢献事業 「スポーツ・フォー・トゥモロー」プログラムとしてラグビークリニックやラグビー大会等を開催しました。 

 隣国ラオスから参加の46名のほか、近隣地域や地元ムックダーハーン県内からおよそ100名が参加し、友好を深めながらラグビーの指導やプレーについて学びました。
また、女子ラグビーワールドカップ2017 アイルランド大会に女子日本代表として出場し三村亜生選手からはスクラムを組む時には相手チームの選手も含めてみんなで力を合わせなければならないことを例に「One for all, All for one」の精神について、南早紀選手からはラグビーの大会を通じて出会った様々な友人とのつながりをテーマに「No Side」の精神について講話がされ、集まった参加者はラグビーのもつ価値に触れました。 

今回の開催には地元のラグビー関係者や自治体関係者が大変尽力され、観光局や警察などの支援も得て実施されました。開会式で挨拶に臨んだムックダーハーン県の副知事は日本のみならず関係各位への謝意を述べ、地域関係者のラグビー普及への思いが強く感じられる素晴らしいイベントが幕を閉じました。 

日本ラグビーフットボール協会はこれからもアジアをはじめとする海外のラグビー普及に取り組んでまいります。

期間:2018年2月2日~3日
場所:タイ・ムックターハーン県
【派遣選手プロフィール】
・向山昌利(むこうやま まさとし) 流通経済大学准教授(日本代表キャップ6、同志社大学⇒ワールド⇒NEC)
・南早紀(みなみ さき) 日本体育大学ラグビー部女子所属(福岡県立筑紫高校出身)
・三村亜生(みむら あおい) YOKOHMA TKM 所属(山梨学院大学出身)

【概要】
日 程:2018年2月2日(金)~3日(土)
場 所:タイ ムックダーハーン県
スケジュール:
2月2日(金) コーチングクリニック
                   日本のラグビー精神を伝える講話
                   ラグビークリニック
2月3日(土)ラグビークリニック
                   タッチフット大会
                   ラグビートレーニング