インドネシア共和国への指導者派遣のお知らせ

公益財団法人日本ラグビーフットボール協会(会長・岡村正)は、独立行政法人国際協力機構(JICA、理事長・北岡伸一)のご協力をいただき、弊協会の取り組むアジアラグビーへの貢献活動「アジアンスクラムプロジェクト」の一環として、JICAボランティア事業を通じ、ラグビー指導者を以下の通りインドネシア共和国に派遣します。

本派遣では、次の活動を予定しています。1. 現地人コーチに対する指導方法に関する助言や提言2. 男女の15人制及び7人制の代表レベルに対する指導の他、コーチング・スタッフとしての活動支援3. ジュニアや女性層への指導やラグビーの普及促進にかかるインドネシア・ラグビー・ユニオン連合と合意した活動等

今回は、満20歳から満39歳を対象に開発途上国からの要請に基づいてボランティアが自分の技術や経験を活かして1か月から1年未満の活動を行うJICA「短期ボランティア」としての派遣となります。

弊協会とJICAは、「JICA-JRFUスクラムプロジェクト」として、2013年7月に連携合意書を締結しました。今後もJICAボランティアとしてラグビー指導者を派遣し、開発途上国の健全な青少年の育成に貢献すると同時に我が国関係者の人材育成を進めていく予定です。

氏 名: 服部 貴紀 (はっとり たかのり)
出 身: 岐阜県
派遣先:インドネシア共和国
配属先:インドネシアラグビー協会
派遣期間: 2017年9月14日-2018年9月10日
※同氏は青年海外協力隊としてタンザニア(理数科教師)、キルギス共和国(ラグビー)への派遣経験を有します。 

【派遣者のコメント】一日も早くインドネシアのラグビーに貢献できるようがんばります!