ヤンゴン日本人学校ラグビースクールに練習用具を提供

事業名称ヤンゴン日本人学校ラグビースクール 練習用具提供
概要ヤンゴン日本人学校ラグビースクール 練習用具提供
(ボール5個、タグ40名分、マーカー、バッグ、タグラグビーガイドブック)
コンタクトバッグ1個を寄付
日程2014年8月
対象国ミャンマー

本事業は(公財)日本ラグビーフットボール協会(JRFU)提供の用具を三菱商事株式会社ラグビー部様のご協力によりミャンマーのヤンゴン日本人ラグビースクールへ寄贈したもの。

【協力】 三菱商事株式会社ラグビー部様

JRFUはアジア・スクラムプロジェクトの一環として、ミャンマーのヤンゴン日本人学校ラグビースクールに練習用具を寄贈しました。

きっかけはミャンマーで工業団地開発運営会社(MJTD)社長を務める梁井崇史氏が同スクールで指導されているとの情報がJRFU高島副会長に寄せられたこと。子ども達にラグビーの楽しみを知ってもらいたいとJRFUより練習用具の寄贈が決まったものの、現地までの輸送方法に頭を悩ませていたとき、高島副会長の古巣である三菱企業株式会社ラグビー部にパスがつながれました。

MJTDの出資企業でもある三菱商事株式会社のラグビー部は商社リーグに所属し、国内外に広いネットワークを有されています。今回、社内のラガーにより輸送方法が検討され、ミャンマーへの出張者により用具を運搬いただけることに決定。出張者より同スクールへ寄贈品が手渡され、日本からミャンマーへラグビーの輪がつながりました。

ご多用の中、練習用具の運搬を快諾くださった三菱商事株式会社ラグビー部の皆様、ご協力ありがとうございました。

(公財)日本ラグビー協会は今後もアジアのラグビーの発展に取り組んでまいります。