ラオス 6月24日 活動報告

Day90 2013.6.24 Monday
本日は、JIICAオフィスにて最終面談が行われました。 

武井所長、滝沢次長、田口調整員、山下調整員が出席くださいました。
今派遣でのご支援とご協力の感謝を伝えるとともに、今後の協力体制についての話し合いを持ちました。

今派遣では、JICAラオス事務所の皆様には大変お世話になりました。現地での円滑な活動のためあらゆるサポートを惜しむことなく提供していただき、特に今回では、国際大会の開催地であるUAEへのビザ取得には大変な労力を費やしてくださりました。

また、滝沢次長はじめスタッフの方々からは、スポーツへのご理解やご関心をいただくことができ、安心して任務に集中することができました。

今後も、JICAの皆様のご協力をいただきながら、互いに協力し、益々のラオスのラグビーの発展と普及を望んでやみません。

明日は、いよいよ帰国の日を迎えます。
今回は、3ヵ月という短くとも長く、長くとも短い期間の活動でした。国際大会への参加から国内の普及と育成までと濃厚な時間を過ごしました。今後、ラオスの選手たちがどのように成長し、そして、国際舞台で活躍をしてくれるのか楽しみでなりません。

今後は、今派遣での経験をコーチング活動に生かし、さらなる日本のラグビーの発展に貢献できればと思います。

最後に、皆様のご支援とご協力に、心から感謝と御礼を申し上げたいと思います。

 高濱丈輔

2013.6.26

この指導者派遣は、開発途上国からの要請に基づいてボランティアが自分の技術や経験を活かして活動する
JICAの「短期ボランティア(青年海外協力隊)」としての派遣にて行われています。
詳しくはコチラをご覧ください。