スリランカ(クルネーガラ) 5月27日~6月1日 活動報告

●5/27~5/29は、主にマリヤデヴァカレッジU20の指導を実施しました。5/30には、公式戦第7戦目があり、その日に向け、準備を進めました。

●次の試合に向けて、やりたかった事は、ラインスピード。DFのラインスピードを上げ、相手にプレッシャーを与える事が目的です。しかし、Bksの練習参加率が悪く、急遽トレーニングプランを変更せざるを得ない日が3日続きました。14人参加の内、FWが11人。Bksは、わずか3人です。両センターをウイングが来ないので、練習できませんでした。

●替わりに、スクラムとラインナウトを重点的に行い、次の試合に向け、準備をしました。練習した事は、以下の通りです。スクラム:ルーティーンとゴーフォワード。ラインナウト:ウォークイン。

●さて、5/30の試合の結果ですが、10-34(前半、0-12)で負けました。相手は現在1位のチーム。敗因は、BksのDFです。6本トライを取られたうち、5本がBksのタックルミス。練習する事がどれだけ大事かを痛感させられました。

●ただ、FWはこれまでの試合で、内容が一番良かったです。スクラムは100%確保し、相手ボールも数回ターンオーバーしました。2本トライを取ったのですが、いずれもスクラムをプッシュしてからの№8サイドアタックでのトライ。素晴らしかったです。また、ラインナウトを9割獲得し、テンポのある良いムーブメントでした。試合後、「FWsは凄く成長している。Bksも負けるな!」と話し、奮起を期待しています。

●6/1は、キャンディーでラグビーの試合を観戦しました。トリニティーカレッジU20対ローヤルカレッジU20 の公式戦です。この一戦は、今年で69年目を迎える伝統的な試合で、日本でいう早明戦みたいなものです。凄い観客で、おそらく1万5千人は入っていたのではと思います。また、スリランカ中でTV放送され、国中の人たちがこの一戦を観るという大一番。スリランカ大統領も会場で観戦されていました。また、この日のレフリーは、南アフリカのジョナサン・カプランさん。そして、元オールブラックスコーチのグラハム・ヘンリーさんも観戦されていました。驚きました!!試合は、熱戦のすえ、トリニティーが勝利。スリランカのレベルの高さと認識すると共に、これからの発展する事は間違いないと確信しました。試合後は、サポータがグランドに入り、大興奮!!良い経験ができました。スリランカ協会のシャレー氏に感謝です。

以下に写真を添付します。
①スクラムルーティーンの練習
②ラインアウト ウォークインの練習
③マリヤデヴァU20 試合

 古川新一

2013.6.2

この指導者派遣は、開発途上国からの要請に基づいてボランティアが自分の技術や経験を活かして活動する
JICAの「短期ボランティア(青年海外協力隊)」としての派遣にて行われています。
詳しくはコチラをご覧ください。