スリランカ(クルネーガラ) 5月13日~16日 活動報告

5/13
対象:マリヤデヴァカレッジU20
先日行われた試合のレビューをしました。約90分
場所は学校の教室です。以下の点について、選手たちに発表してもらいました。
①Good Points
②Bad Points
③なぜ、出来たのか
④なぜ、出来なかったのか
⑤次のゲームに向けて、どうすべきか? 

 このようなMTGをする機会が今まではなかったようで、選手たちは少し戸惑っていました。
しかし、徐々に意見が活発になり、良いMTGが出来ました。
このMTGの目的は、「選手達に考えてもらうこと」です。
ゲーム中の修正ポイントとして活用してもらいたいと思い、実施しました。
初めは抽象的な話が多かったのですが、ヒントを少しずつ与え、最後は具体的になりました。
次はもっと良いMTGが出来るのではないかと、期待しています。

5/14~15
対象:マリヤデヴァカレッジ U12.U16 及び マリヤデヴァカレッジU20 を指導
内容:次の試合に向けて、敵陣でペナルティーを得た時のアタックを練習しました。
試合で実行してくれるか、楽しみです。 

5/16
5:30~18:15 マリヤデヴァカレッジU20 公式戦 第6節 10-10 でDraw!!
相手チームは、「Royal Panadura College」という学校で、前評判では、我々が100%負けると言われていたチームです。

試合内容:
終始、一進一退の攻防が続き、見応えのある試合になりました。
前半は、我々のキックミスからカウンターアタックをされ、先制トライを奪われます。
0-5のまま前半終了。
後半10分頃、我々のキックミスからトライを奪われ、0-10とリードされます。
ただ、DFが安定しているので、そんなに気にはなりませんでした。
試合も終盤に入った頃、敵陣でペナルティーを獲得。選手たちが練習通りのムーブメントを実行し、トライ!!ゴールキックも成功し、7-10。一気に追い上げムードで、観客も大盛り上がり。
そして、ノーサイド3分前ぐらいにまたもや敵陣でペナルティーを獲得。
ここも練習通りに、PGを狙い、成功。同点に追い付きます。
残り時間、お互いに力を出し合いましたが、このままのスコアでノーサイド。
10-10 のDrawでお互い健闘を称えあいました。 

次の試合に向けては、DFラインのスピードを速め、相手にハイプレッシャーを与える、
Line Speed の練習をしていきます。

古川新一

2013.5.20

この指導者派遣は、開発途上国からの要請に基づいてボランティアが自分の技術や経験を活かして活動する
JICAの「短期ボランティア(青年海外協力隊)」としての派遣にて行われています。
詳しくはコチラをご覧ください。