スリランカ(バドゥッラ) 5月22日 活動報告

バンダーラウェラにあるSt.Thomas CollegeのU10からU13の生徒およそ100名を相手に1時間半のセッションを行いました。この学校は4月の頭に150人近くの生徒を相手にして、大変な苦労をした思い出がありますが、今回はリレーやパスなどの競争をたくさん用意して、各チームで競わせた結果、規律も取れて非常によいセッションになりました。最後の生徒との1対1は、かなりハードでした。

場所を変えて午後3時過ぎから3つの学校の生徒(ほとんどがU18)20名を相手に、タッチラグビーを中心に練習を行いましたが、先週のようなコミュニケーションやリアクションがなく、生徒の意識が上がりきらないまま時間が来てしまい、なかなか満足なコーチングとはいきません。たまたま見学に来ていたボスとそのことで話していたところ、グラウンドで練習していたポリスチームから、急遽ベーシックなスキルを教えてくれないかとリクエストがあり、30分ほどハンドリングの指導を行いました。

どうやら日曜に10人制の大会があるらしく、ほとんどが初心者で苦労していました。短い時間でしたが、ハンズアップとフォロースルーの2点を意識して、徐々にスピードを上げたり、DFをつけたりと、プレッシャーを上手く調整して、選手の頭も身体もしっかり鍛えることが出来ました。明日もまた来て欲しいと言われ、思わぬところでコーチングの機会が増えました。

 白馬悠

2013.5.23

この指導者派遣は、開発途上国からの要請に基づいてボランティアが自分の技術や経験を活かして活動する
JICAの「短期ボランティア(青年海外協力隊)」としての派遣にて行われています。
詳しくはコチラをご覧ください。