ラオス 5月18日・22日 活動報告

Day53  2013.5.18  Saturday
本日は、ラオスでの日本人会の夕食会に参加させていただきました。
約40名近くの方々が参加されていました。

ラオスは、政府開発援助(Official Development Assistance: ODA) や国際協力の支援を多数の国々から受けています。日本の国際貢献もあらゆる方面から聞くことができ、その存在が大きいことを感じることができます。海外の地で、日本の方々が様々な分野にてご活躍されているのだと思います。

今回の会では、たくさんの方との出会いとお話を聞くことができ良い機会を持つことができました。こちらも、2019年にラグビーワールドカップが日本で開催されることをPRして参りました。
ラグビーを通しての国際協力も重要なファクターと考えます。国際競技力の向上、スポーツ参加の拡大、そして社会の発展に貢献できればと改めて確認いたしました。

Day57 2013.5.22 Wednesday
ラオスラグビー協会は、アジアファイブネイションズでのドバイ遠征後より約1週間はオフに入っておりました。この間は、今遠征においてのチーム、マネジメントに関してのレビューと評価の準備を行っていました。

来週からは、協会、スタッフ、選手に対してレビューと評価を行っていきます。このような機会も初めてなようで、マネジメントやゲームレビューを記録として残すことで、今後の国際舞台での競技力の向上へ繋がればと思います。

日本への帰国まで約1カ月となりました。
6月中旬には、7人制 U20代表のマレーシア遠征が控えています。

残りの限られた時間の中で、日本のラグビーのコーチングやマネジメント、またコーチ育成、普及活動、環境整備、そしてスポンサーの獲得や他スポーツ競技団体との連携と日系企業へのご支援へのお願い等とやるべきことが山積しています。しかし、まずはこれらのベースとなるものを構築し、将来のラオスラグビーの発展に寄与できればと考えております。

酷暑が続いていますが、引き続き、体調管理に留意し業務を行っていきたいと思います。

高濱丈輔

2013.5.22

この指導者派遣は、開発途上国からの要請に基づいてボランティアが自分の技術や経験を活かして活動する
JICAの「短期ボランティア(青年海外協力隊)」としての派遣にて行われています。
詳しくはコチラをご覧ください。