スリランカ(バドゥッラ) 4月27日 活動報告

エッラにあるNerburgh Tamil Maha Vidyalayaという学校のバレーボール部員およそ20名に
ハンドリングを中心に指導を行いました。年齢はおそらくU12からU18までと幅広く、到着した先がバレーボールコートで驚きました。

限られたスペースではありましたが、初心者向けのメニューを用いて各グループで競争させたり、パスしながら頭を使わせたりと、選手が積極的に取り組むようにテンポを意識して指導しました。1時間程行いましたが普段からスポーツに取り組んでいるためか、規律もありハンドリングスキルも他の地域と比べてとても良かったです。

私のボスとこの学校の校長先生が知り合いと言う縁でこの日のセッションになりましたが、先生からは土曜の午後にはこのような練習を入れていきたいとの話があり、大変嬉しかったです。ラグビーを通じて、スキルだけでなくチームプレーや規律などを学び、他のスポーツにも活かしてもらえるよう、今後も取り組んでいきます。

白馬悠

2013.4.28

この指導者派遣は、開発途上国からの要請に基づいてボランティアが自分の技術や経験を活かして活動する
JICAの「短期ボランティア(青年海外協力隊)」としての派遣にて行われています。
詳しくはコチラをご覧ください。