ラオス 3月28日 活動報告

ラオス Day2

現地スタッフが8.50分に迎えに来る。この日、JICA事務所に初めて訪問。
スタッフ全員の前で英語での挨拶。
その後、各種事務手続き(ビザ延長や住居について等)を行う。そして、10.30分より安全管理オリエンテーション、続けて四ツ田先生より健康管理のオリエンテーションを行う。
昼食は、歓迎ランチがあり、2名の次長(米山様、滝沢様)担当スタッフ3名の山下さん、木村さん、田口さん)とのランチ。次長が2名来るのは異例とのことで、今合同プロジェクトにおいてのラグビーへの期待を感じる。
また、現在ラオつにおいてのJICA派遣は57名とのこと。午後は13.30分より滝沢次長の安全管理オリエンテーションを行う。
15時よりAlliance International Medical Centerにて予防接種を受ける。
夕刻、JICA事務所にて解散後ドミトリーへ。
明日に備える。

高濱 丈輔

2013.4.3

この指導者派遣は、開発途上国からの要請に基づいてボランティアが自分の技術や経験を活かして活動する
JICAの「短期ボランティア(青年海外協力隊)」としての派遣にて行われています。
詳しくはコチラをご覧ください。