4月1日 活動報告

本日は、インドネシア協会GMのアクマルと今後のプラン等についてミーティングを行いました。インドネシアでサポートしてくれている方々の紹介も近日中にしたいと思います!

  早いもので、こちらに来てから10日が経ち、現状、課題は把握し、改善策等考える事はできたので、こちらから提案を出し、彼や他のスタッフと時間をかけてコミュニケーションを図り、お互いに理解を高めた上で、計画を立て、実行していきたいと考えています。

そして、午後7時よりBantengというチームで、トレーニングを行いました。
(前回bandengと書きましたが、スペルに間違いがありました。申し訳ありません)
まず初めに、今回の計画の一つであるPlayers list(インドネシア協会の選手の把握と管理が目的)のために、名前、年齢の確認、身体測定、フィジカルテストを行いました。

その後、トレーニングではオフロードパスにフォーカスし、ボールキャリアの体の使い方から始まり、最後はオフロードを積極的に使用するボールゲームを実施しました。

まだまだ、多くの基本的なラグビースキルは向上していく必要がありますが、今回のようにしっかりとポイントを明確にして、限られた時間(各クラブの練習は週1回です)を濃密に過ごしていく事で一歩ずつ前進していけるのではないか、という実感を得ました。

また、ジャカルタでの10日間で色々ならものを見ましたが、インドネシアラグビーには超えて行かなければいけない多くの壁があります。
それを乗り越える力となるためにも、自分自身が言葉の壁、文化の壁、自分の中にある壁をぶち破っていきたいです。

追伸、私事ですが、昨日25歳の誕生日を迎えました。
JJRGの監督である鴨川様のお宅でお祝いして頂きました。
思い出に残る誕生日を過ごす事ができ、感謝の気持ちでいっぱいです。また、日本からの多くのメッセージを頂き、本当に幸せ者だと感じています。決意新たに、毎日を大切に過ごしていきます。


中川 雄太
2013.4.3