6月6日~7日 活動報告

市内のマリアデールカレッジにてIRBLevel1セッションを行う。
校庭からはクルネーガラロックを望みその頂には巨大な白亜の仏陀像が町を見守っていた。ここはシンハラ王朝の首都が48年あった都市でもある。

コロンボでの講習と同様にJRFU新スタートコーチを併用し講習会を実施。
パキスタンから参加の2名はどの参加者よりも熱心に受講。コーチングプランの作成、コーチング実技などに興味を持ってもらった。どう評価するのかコーチの視点についての質問も受ける。充実した2日間であった。

しかし、この2日間体調は思わしくなく発熱も伴う。マーティス氏が心配して「病院へ行こうか」と言ってくれたが固辞。日本から持参の熱さまし、胃腸薬、下痢止めで何とかしのぐ。

講習会終了と同時にさらに北にあるアヌラーダブラへ移動。
2時間の移動で7日の19時に到着。陸軍の宿舎に投宿。
アヌラーダブラはスリランカ最古の都の地であり多くの仏教寺院がありユネスコ世界遺産に指定されている都市である。