渡邊 慶太氏  「HSBCアジア五カ国対抗2012」 派遣レポート

派遣期間       2012年5月12日 ~ 5月20日
指導対象    インド男子15人制代表
スケジュール
5月12日:日本発
13日:インド着→プネーに移動
14日~20日:合宿(早朝・昼・夕方の3部練習)
21日:帰国

指導レポート
指導内容としては、朝のフィットネス練習、昼の技術・戦術練習、夕方の戦術練習と、1日3回の練習プランの作成と指導。
試合までの期間が、限られた中での指導であったことから、技術面の細部よりもフィットネスの維持と、「チーム戦術」の理解に時間を割いた形であったが、これはインド代表チームからの要望も強かった為実施しました。
具体的内容としては、インド代表のゲームプラン等現状について、練習を通して確認し、アタック・ディフェンス・エリアマネージメント等、基本的なゲームプランの変更、再構築、を提案し、それをグランドで反復練習することで理解を深めた。また、その練習の中から不足していると思われた技術的な内容について、短時間ではあったが技術練習として実施した。

総括・まとめ
 約1週間の指導で劇的に変化する部分は多くはないですが、指導前後を比較するとチーム全体の「戦術」への理解、意思統一は図れました。また、様々な練習メニューを実施することで、今後の練習にも生かすことができる「材料」の提供はできたと思われます。
練習環境等、日本とは全く違った環境で練習している選手達でしたが、向上心、勝利への意欲は高く、貪欲にラグビーに向き合う姿勢には学ぶべき点もありました。
今回、派遣指導という形で日本を代表して行かせて頂きましたが、今後のインド・ラグビーの発展に少なからず貢献できたと思います。